ルテインとは目の黄斑部や水晶体に存在する目に必須のカロテノイド(色素)です

フリー体ルテインとは?/ルテインエステルとの違い
ルテイン スーパーEX
マイページにログイン カートをみる 新規会員登録 ショッピングガイド
TOPページ 製品情報 眼病情報 ルテイン情報 オメガ3について 酵素+酵母+麹について 会社情報
TOP>>ルテインとは?
ルテインとは
FloraGLOルテイン
ルテインと女性の健康
ルテインの可能性
初めてご来訪の方
お客様の声
良くあるご質問
WEB限定のポイントシステムとは
7日間お試し
お問合せ
サプリメントの正しい選び方
FloraGLO(R)

ルテイン・スーパーEXの安全性・含有量・品質へのこだわり


ルテイン・スーパーEXは、米国ケミンヘルス社製の「FloraGLO®ルテイン」を100%主成分とし、アスタキサンチン、DHA、リコピン、ビタミン群、カシスなどを凝縮配合したサプリメントです。


「FloraGLO®ルテイン」は、日米で特許を取得した高純度濃縮 ルテインです。
米国特許番号
5382714
日本特許番号
2790212

FloraGLO(R)ルテイン

ルテインの種類など

サプリメントとしてのルテイン(原料)について

現在、市場で販売されているルテインサプリメントは大別すると次の2種類があります。

@「ルテインエステル」を使用したサプリメント
A「フリー体ルテイン」を使用したサプリメント
※「ルテインエステル」、「フリー体ルテイン」を混ぜ合わせた製品もあります。

「フリー体ルテイン」と「ルテインエステル」
フリー体ルテイン ヒトに体内に存在するものと同じルテイン
ルテインエステル フリー体に脂肪酸がついたままの状態の未精製ルテイン

ですから、例えば同じ「ルテイン10mg」であったとしても、脂肪酸が結合されたままの状態のルテインエステル10mgと、フリー体ルテイン10mgとでは同じルテイン10mg、とは言えません。

ルテイン製品に価格のばらつきがあるのは何故?

原料である「ルテイン」にも様々な種類がある為です。
ルテインと言えば「FloraGLOルテイン」が最高品質と言われており、原料としての価格もルテインエステルを精製し手間がかかる分、もちろん高くなります。

ですから中にはFloraGLOを100%使用ではなく、FloraGLOをわずか数%、そして他のルテインを混ぜ合わせたサプリメントも存在します。
これによって、「FLoraGLO使用」と謳えますし、価格も大きく変わります。

  • ルテインエステルのみ使用
  • ルテインエステルとフリー体ルテインの混ぜ合せ
  • フリー体ルテインのみ使用
  • ルテインエステルとフリー体ルテイン最高峰FLoraGLOの混ぜ合せ
  • フリー体ルテインとフリー体ルテイン最高峰FLoraGLOの混ぜ合せ


  • というように、混ぜ合わせたサプリメントが数多く市販されています。
    FLoraGLOルテインをお探しの方は、FloraGLOが100%配合かどうかを必ず確認しましょう。

    「フリー体ルテイン」と「ルテインエステル」の違い

    ルテインの中で人間の目に存在するものと同一のルテインを「フリー体ルテイン」といいます。

    ルテインエステル

    「フリー体ルテイン」に「脂肪酸」がエステル結合されたもので、マリーゴールドから抽出された未精製のルテインです。未精製のままなので、原料的にも安価で、ヒト血清、血漿には存在せず、人の体内に入ってもそのまま吸収されることはありません。
    摂取された「ルテインエステル」は、体内で消化酵素の力を借りて、脂肪酸が取り除かれた(脱エステル化)フリー体ルテインだけ吸収されることとなります。

    ※ルテインエステルを使用したサプリメントは世に数多くあります。「フリー体ルテイン」使用と記載していないルテイン製品は「ルテインエステル」使用である可能性が高いです。

    「ルテインエステル」の特徴

    フリー体ルテイン

    人の体内に存在するものと同一の精製ルテインです。
    体内(水晶体・網膜・肌・子宮等)に存在するものと同一のルテインの為、摂取後そのまま吸収されます。

    「フリー体ルテイン」の特徴

    「ルテインスーパーEX」には、体内に入ったときにそのまま吸収される「フリー体ルテイン」を使用することが当然望ましいと考え、「ルテインエステル」を特許製法により精製・結晶化されたフリー体ルテインの「FloraGLO(R)ルテイン」を100%使用しています。

    ※「FloraGLO(R)ルテイン」を使用しているサプリメントは安全性が高く、高品質の証明ですから必ず「FloraGLO」使用である事や、FloraGLOロゴを記載しています。

    「FloraGLO(R)ルテイン」の詳細は

    ルテインはカロテノイドという色素です

    ルテインを含め、カロテノイドは抗酸化作用が強力です。

    ルテインは「黄色」の色素のカロテノイドです。黄色という性質上青を吸収する為、
    ルテインは最も有害な「青色光」を吸収します。

    ビタミンC・Eよりも抗酸化作用が強いカロテノイドとは自然界にもっとも広く分布している色素の一つです。

    カロテノイドを大別すると「カロテン」と「キサントフィル」に分けられますが、「カロテン」の代表的なものはα-カロテン・β-カロテンですが、「キサントフィル」はルテイン・ゼアキサンチンなどに代表されます。


    カロテノイドは黄・橙・赤などの鮮やかな色彩で知られています。

    例えばニンジンの橙色はα-カロテン・β-カロテンであり、トマトの赤色はリコピンといった具合です。自然界にはおよそ600種類のカロテノイドが存在すると言われていますが、私たちが日常摂取している食べ物に含まれているカロテノイドは50種類ほどと言われており、緑黄色野菜に多く含まれていると言われています。

    ルテインは緑黄色野菜に多く含まれる

    ルテインは緑黄色野菜に多く含まれており、特にケールやほうれん草に多く含まれています。

    健康な方で摂取したいルテイン量、一日あたり6mgを摂取するには、生のほうれん草58g以上を食べる必要があります。 これはサラダボール2杯以上のほうれん草に相当します。

    野菜100g中のルテイン含有量
    野菜 ルテイン(単位:μg)
    ケール 21,900
    ほうれん草 10,200
    ブロッコリー 1,900
    グリンピース 1,700
    とうもろこし 780
    ニンジン 260
    キャベツ 150

    ルテインは目の「黄斑部」というところに存在します

    アメリカのハーバード大学の研究で、ルテインは目の黄斑部や水晶体に存在することが確認されました。

    目の黄斑部には光の受容体があり、光を知覚する重要な役割をもっています。水晶体は目のレンズの役割を担っており、この2つはとても重要な機能を果たしております。光は私たちがものを認識するために必要不可欠ですが、その反面、細胞を酸化させる作用を持っております。

    目に存在するルテイン

    ルテインは、体内で生成されません

    ルテインは網膜以外にも乳房や子宮頚部に多く存在します。

    体内(目の黄斑部・水晶体・網膜・肌・子宮)にストックされていたルテインが、加齢とともに減少する事により、減少した部分に様々な老化による問題が生じてくるといわれています。

    ルテイン(フリー体)は私たちの体の中に元々ストックされています。 しかし、ルテインは体内で生成される事ができず、個人差はありますが、およそ40歳前後より活性酸素の飽和により減少傾向をたどります。

    40歳を過ぎたら、意識して外部から摂取することが必要になってきます。

    ルテインが注目された理由

    ルテインと黄斑変性症の関係の研究がアメリカで発表された事が始まり

    「ルテイン」と聞いて、まだお馴染みでない方も多いかと思います。
    ルテインが注目されるようになったのは約20年ほど前で、アメリカのハーバード大学での研究がきっかけでした。

    ルテインを摂取した人は黄斑変性症などの眼病のリスクが軽減されるという発表がされました。「眼病について」というページで記しましたが、眼病の原因も活性酸素が引き起こす老化(酸化)が原因であると言われています。

    視力低下や、黄斑変性症などの眼病の罹患が高齢者に急増し、「アンチエイジング」の考え方が盛んなアメリカでは、これらの研究結果から抗酸化物質であるルテインが人々の関心を集めるようになったのです。

    ルテインの摂取量

    ルテインをより効率よく摂取するには、同じカロテノイド群の複合摂取が吸収効果が高く、一番望ましいとされています。

    又、ビルベリー(ブルーベリー)・カシスに含まれるアントシアニンやビタミンA、ビタミンB群やコラーゲンなどを併用すると相乗効果でより高い効果が期待できると言われています。

    ルテインをはじめとしたカロテノイドは脂溶性であるため、脂肪分と一緒に摂取や、食後の摂取が吸収効果が高まります。1日の摂取量は個人差がありますが、だいたい6mgから10mg摂取したほうがよいとされています。

    しかし最近は、摂取した後、体内に吸収されるまでの間に何らかの要因で減少することを踏まえると、1日に10mgから20mg程度は摂取が望ましく、既に何か眼病でお悩みの方は、20mg近くの摂取が必要とされています。


    アメリカの調査によると、一般的なアメリカ人は一日に食事からわずか約1mgしかルテイン」を摂取できていないという報告がありますので、ルテインの必要摂取量は大幅に不足しています。

    このページのトップへ  
    ルテイン・オメガ3・生酵素+生酵母+生麹の高含有サプリメントメーカーによる眼病や健康情報サイトです。
    ご注文
    よくあるご質問
    初めての方へ
    ショッピングガイド
    FloraGLOルテインとは
    オメガ3脂肪酸について
    お問い合わせ
    お客様の声
    酵素+酵母+麹について
    個人情報保護の取扱い
    特定商取引法に関する表示
    会社案内
    Nature's Health co.,ltd. All rights reserved.